Press "Enter" to skip to content

電事連会長人事への波及必至 関電金品授受問題

関西電力の役員らが3億2千万円相当の金品を受け取った問題で、電力大手でつくる業界団体、電気事業連合会(電事連)の会長人事への影響は必至だ。関電の岩根茂樹社長は、電事連の会長を務めているが、関電や岩根氏ら経営陣のコンプライアンス(法令順守)や …Read more





Please follow and like us:

Comments are closed.