Press "Enter" to skip to content

小田急マンションがリニューアル 多摩線の活性化目指し「子育て層」取り込み目指す

エントランス付近には「子どもから大人まで、お住まいの方同士や地域との交流を育む場所」(小田急)として、台所などを備えた共用スペースや防音仕様のスタジオを設置。居室部は壁の一部が撤去され、リビングとダイニング、キッチンが一体化した広い空間に変わりました。Read more





Please follow and like us:

Comments are closed.