Press "Enter" to skip to content

あの夏ドラマも実は韓国リメイク作だった!!『サイン』のタイトルの由来とは?

大森南朋演じる天才法医学者が、真実を隠ぺいしようとする巨大な権力に立ち向かい、戦いを繰り広げていく作品で原作となっているのは韓国SBSで2011年に放送されたドラマ『サイン』。兆候や痕跡などを意味する英単語「Sign」と「死因」が、韓国では両方とも「サイン」と発音され …Read more





Please follow and like us:

Comments are closed.